海外の便利屋事情

日本でいう便利屋は、よろず屋や何でも屋などとも呼ばれます。
専門職に依頼するほどではないけれど、忙しくて手が回らないといった場合に活用されます。
業者にもよりますが、掃除や買い物の代行、ペットの世話などかなり細かいことまで頼めます。
海外でも、日本の便利屋のような職種は存在します。
パーソナルアシスタントサービスなどと呼ばれ、
ハウスクリーニングや買い物のようなちょっとしたお使いを頼めます。
日本でいうと家事代行の部類に入ります。
また、家の修繕のような、男性に頼みたい仕事を中心に行っているタイプの便利屋もあります。
例えば、タイルの修繕やペンキ塗りなどです。
こちらはハンディマンと呼ばれ、EUの歴史を見ても便利に利用されていることが分かります。

腎不全治療をするので

腎不全治療をすることになり、何かと将来のことに対して不安を持つようになり
まずは腎不全治療のことについて勉強を始めることにしました。
今まで勉強などしたことがなかっただけに、大変でしたが勉強をしたことで
腎不全治療に対する不安というのが少し薄らいできました。
そして、勉強の楽しさということも知ることができ腎不全治療の勉強から、
EUの歴史を学ぶところにまで及ぶようになったのです。
腎不全治療のことを調べている内に、EUでの事例なども出てきて
EUのことについて興味が湧いてきて、そこから歴史についても知りたいと思うようになったのです。
今では治療のことだけでなく、今までしてこなかった分を取り戻すように勉強をする毎日です。

海外って手形割引とかあるの!?

手形が誕生したのはなんとヨーロッパ、イタリアであるといわれています。
手形は現在と同じで期日になると支払われ、期日前には手形割引の制度もありました。
ただ、EUの歴史では、利子の支払いや受取は禁止される宗教的要素がありましたので
手形割引自体はネガティブな意味合いで使われていました。
しかし、早期に現金化するための手形割引ではなく債務者(手形発行者)が
期限よりも早くに現金を渡すことでもともと期日までに
100返済する約束が期日前に返済することで98で済むといった
前向きな手形割引は積極的に行われており、評されていました。
ただし、その際の早期償還する際の減額率の計算方法が
利息の計算方法と似ている為宗教的観点から
合法か違法かの議論が耐えなかった歴史があります。
ここで注意したいのは、現金化するための手形割引ではなく、
債務を早く返済する為の制度であったという点で今と全く違っていることが、
大変興味深い所です。