ヨーロッパのCD買取市場とは

現在多くの音楽はデータ化されていることが多く、
CDで聴く人はどんどん少なくなっています。
しかし日本人はどちらかというとCDで聴く人の割合がまだまだ多く、
友人やレンタルショップで借りて家に持ち帰り、
EUの歴史の勉強などをしながら聴く方も決して少なくありません。
しかしCDを購入して聴く人はどんどん下降を続けているため、
CD買取市場もどんどん廃れているのが現状です。
これは日本だけではなく、アジアやアメリカ、ヨーロッパなどでも似たような状況です。
しかし今後はこれを利用したビジネスもどんどん作られていくはずですし、
それに伴って新たなスターが生まれてくるケースもきっとあるかもしれません。
音楽業界は決して無くなりはしないはずですし、
ぜひビジネスチャンスにつなげる個人や団体がどんどん出てくることが望まれます。