海外って手形割引とかあるの!?

手形が誕生したのはなんとヨーロッパ、イタリアであるといわれています。
手形は現在と同じで期日になると支払われ、期日前には手形割引の制度もありました。
ただ、EUの歴史では、利子の支払いや受取は禁止される宗教的要素がありましたので
手形割引自体はネガティブな意味合いで使われていました。
しかし、早期に現金化するための手形割引ではなく債務者(手形発行者)が
期限よりも早くに現金を渡すことでもともと期日までに
100返済する約束が期日前に返済することで98で済むといった
前向きな手形割引は積極的に行われており、評されていました。
ただし、その際の早期償還する際の減額率の計算方法が
利息の計算方法と似ている為宗教的観点から
合法か違法かの議論が耐えなかった歴史があります。
ここで注意したいのは、現金化するための手形割引ではなく、
債務を早く返済する為の制度であったという点で今と全く違っていることが、
大変興味深い所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です