案内用のパーキング看板を設置する方法は?自力でできる?

案内用のパーキング看板は自力で設置することも可能ではありますが、雨風に晒されるため長期間設置する場合は専門の業者を利用したほうが無難です。自力でパーキング看板を取り付ける際には、金具や工具などの様々な機材が必要になります。一方で、業者に依頼すれば看板のデザインから設置作業まで全ての作業を任せることができますし、長期間の掲示であっても劣化の心配が少なく補修費用なども安く済ませることが可能です。しかし、業者に依頼する方法は時間がかかってしまう上にお金も必要になります。素早く低コストで済ませたい場合は自力で行ったほうが良いです。

専門のパーキング看板設置業者に依頼して設置してもらう

専門のパーキング看板設置業者であれば、問題なく高品質な看板を取り付けることができます。デザインから看板の素材まで自由に選ぶことができるので、自力で行うよりも失敗するリスクが少ないです。設置場所によっては高所になる場合もあるので、自力で行う場合は危険になる可能性もあります。看板が落下して何らかの被害が発生してしまうとその責任を問われることもあるのです。そのため、パーキング看板であっても人通りが多い場所であれば、業者に依頼する方法が無難です。依頼方法は簡単でインターネットから看板の材質とデザイン、設置場所を指定するだけで良いので簡単です。
デザインの問題だけでなく事故の発生リスクを軽減させるメリットもあります。看板落下などによる事故の発生で、損害が発生した場合は駐車場の運用もままならないレベルのお金を支払わなければなりません。大型で人通りの多い場所には、専門の業者に依頼して確実に取り付け出来るようにしたほうが無難です。ただし、業者に依頼する方法は設置までにデザインの調整や作業員の派遣など時間がかかってしまう可能性があるので、短期間で取り付けを行いたい場合は自力で行うと良いでしょう。

自力で案内用のパーキング看板を設置する

自力で案内用のパーキング看板を設置する場合、周囲の安全に考慮した上で取り付ける必要があります。フェンスに取り付ける場合であっても劣化の激しい鉄製の針金を使用していると、サビて看板が落下してしまう可能性もあるのです。そのため、可能な限り落下しても事故が発生しない場所に取り付けすることが重要です。人通りの多い場所に長期間掲載していると落下による被害が発生してしまう可能性もあります。
自力で設置する場合は、設置する場所に注意することが重要です。例えば金網などを使用したフェンスに案内用のパーキング看板を取り付けする場合には、針金を使用すれば良いですが、コンクリート製の壁にはコンクリート専用のボンドを使用することで対応可能です。地面や土などに設置する場合は釘やビスなどで固定する必要があります。
デザインにも注意が必要で、パーキングエリアの場所までを視覚的にわかりやすくするために矢印で表現したり、距離を数値で表現することです。それだけでなく、看板を目立つようにするために補色を使用した色彩にすることで、駐車してもらいやすくなるのです。そして料金と方角を目立つように掲載して、駐車場まで誘導します。

コスト重視であれば自力で設置したほうが良い

案内用のパーキング看板はラミネート加工を施した小型のものでも問題はありません。そのため、コスト重視で様々な場所に取り付ける場合、自力で行ったほうが安く済ませることができます。その一方で数カ所に大型の案内看板を設置する場合は、なるべく業者を依頼したほうが良いです。
それから、長期間掲示する場合も劣化による事故のリスクも高まるので、可能であれば専門業者に依頼したほうが良いでしょう。看板のデザインから設置作業まで自力で行うことができない場合は業者に依頼したほうが良いです。コンクリートの壁に打ち付ける場合や、高所に取り付ける際には、専用の工具が必要になるので業者に依頼したほうが確実でしょう。品質や事故などのリスクの低減、設置しにくい場所や手間などを削減したい際には業者を、コスト削減と短期間で仕上げたい場合は自力で設置したほうが良いです。
ただし、パーキング看板なので運転をしている人から見えなければ設置の効果はありません。車から視界に入る場所に設置することでパーキング看板としての効果を高めることが重要になります。料金や空車などと表示するだけで駐車場に車を誘導しやすくなるので自力でも徹底します。

まとめ

以上の点をまとめると、小型であれば自力で案内用のパーキング看板を設置したほうが、低コストかつ短期間で安全に取り付けを行うことができます。大型の看板であれば、業者に依頼したほうが安全ですし品質も担保されます。事故のリスクも低減できるので損失額を提言することも可能です。自力で行う場合は専用の工具を用意する必要があり、コンクリートに掲示する場合は専用のボンドを、フェンスに取り付ける場合は針金で固定するなどで対応可能です。樹脂製の看板であれば雨風に晒されたとしても劣化が進みにくく、長期間メンテナンスをしなくても対応できます。