案内用パーキング看板を作るならどんな素材がおすすめ?

案内用パーキング看板の素材を選びましょう

パーキングを作ったら、走行車の運転手にアピールするための看板や、パーキング内で利用方法や注意点を案内する看板などが必要になります。
パーキング看板を作るならデザインや内容はもちろん、素材選びにもこだわりましょう。

パーキング看板にはさまざまなタイプがあります。
大形のタイプで建物や柱に設置して使用するものや、立て使うタイプで道路からパーキングへの案内を示すものなどが挙げられます。

さまざまな種類のなかでも便利かつ最も一般的なのが、設置したパーキングの壁やフェンスなどに貼り付けて、案内や利用方法を表示するパーキング看板ではないでしょうか。
こうしたタイプのものは、業者に依頼して作成するのはもちろん、自分で素材を購入してプリントすることもできます。
いずれの方法を取る場合でも、使用する素材は必ず確認しましょう。
素材選びはコストの面だけでなく、安全面や設置方法に大きく関わってくるからです。

パーキング看板の素材はバランスを考えましょう

パーキング看板に広く使われている素材は、大きく分けて二つあります。
一つは、樹脂版です。樹脂版とはポリプロピレン製の板素材のことで、しなやかで折れにくく軽いという長所があります。
印刷や加工をするにも便利で、素人にも手軽に扱えるという長所があります。
破損することが少ないことや、燃焼時に二酸化炭素を出さないため環境に優しいので、広く使われています。
穴を空けるのが簡単なので、案内をアピールしたい場所に自分で固定することもできます。

もう一つが、アルミ複合版です。アルミ複合版はアルミ板を樹脂で挟み込んだもので、樹脂板よりも丈夫に仕上がっています。
耐久性があるので、パーキング看板を長く使用したい場合にはこちらがお勧めです

アルミで出来ていますが、表面は樹脂で覆われているので経年劣化を心配する必要がありません。
印刷も鮮やかに写るので、パーキング看板としての利便性が高いと言えるでしょう。

まとめ

パーキング看板を作るなら、さまざまな点に注意を払う必要があります。
看板を作製する際のデザインやコストだけでなく設置方法や設置場所、さらには目的や内容にあわせて看板の素材は変わってきます。
パーキングの大きさや看板そのものの大きさ、また、どれくらいの使用期間を想定するかも、素材選びのポイントです。
自分で設置したり作成する場合の手間も考える必要があります。
さまざまな点を比較して、必要な素材を選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です